端午の節句は鎧、兜飾り、刀、五月人形のどれを選ぶか。

こどもの日の端午の節句に、鎧や兜、刀、五月人形などを飾って、庭にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方ではあるけれど、今時これらのことをちゃんとやっている家庭ってどれくらいあるのでしょうか。我が家に限って言えば、長男も次男も特に何もしていません。長男の初節句のときに、実家の両親が五月人形をプレゼントしたいと言ってくれたのですが、狭いアパートに置くところなんてないからと、申し訳なかったのですが断ってしまいました。せめて小さくてもいいから兜飾りくらい…との申し出ても、やはり遠慮しました。息子はとても可愛いけれど、だからと言って行事を盛大にする理由にはならなかったのです。長女にも同じ理由でお雛様を購入していないですし、お祝いもしていません。

そもそも、実は五月人形や兜飾り、お雛様が苦手です。歴史と格式があり、ちゃんと飾ることに意味があることも分かるのですが、その古めかしい顔や飾りが怖いのです。アパートでは置く場所が限られるし、それらの飾りの近くで寝るなんて考えられませんでした。

ところが次男が生まれて、戸建てに引っ越し、家の中が広くなったら、急に五月人形を飾ってもいい気がしてしまったのです。広くなったリビングにどど~ん。と飾ってみたいと思いました。兜飾りとお雛様もいいかな~とすら思っているのが不思議です。そのことを母に話すと、「大きいの買ってあげる。」ととても張り切ってくれたので、到着が本当に楽しみです。

Leave a Reply