ガイガーカウンターの仕組みに迫る

3月11日東日本を襲った東日本大震災に被害を受けた福島第一原発の放射能漏れにより日本国民が恐怖に陥れられた。そんな中に、今放射能という問題が大変重要視されている。そのため個人でも買える放射線量測定器というものが販売されている。その中でも有名なのが「ガイガー=ミュラー計数管」つまり「ガイガーカウンター」である。この機械は1928年にドイツの学者が開発したガイガー=ミュラー菅を応用して作られたものである。ガイガーカウンターの仕組みは至って簡単であり、不活性ガスを充填させた筒の中心部に、数百ボルトの電圧をかける。すると不活性ガスの電子が電離され正に帯電したイオンと電子ができる。その原理を使って製作されて80年間。今も同じ方法で放射線量を計測しているのである。ちなみにこのガイガーカウンターの仕組みがわかれば自分で作ることも可能である。但し、精度は低いものしか作ることはできないのが難点である。作り方はライターのガスと空気中の窒素を使って製作する方法もあるが、長持ちをしない。大変危険なものになる。という難点がある。現在最も普及しているガイガーカウンターは1947年にシドニー・H・リープソンが開発したハロゲン菅というものである。仕組みはハロゲン分子をイオン化することで不活性ガスの準安定状態を利用して効率的に電力が流せるため少ない電圧でも動作ができるのである。なお、ハロゲン分子は再結合するので寿命が長いという長所があるのである。以上の様にガイガーカウンターの仕組みを知れば放射線等にも応用できるかもしれない。

Leave a Reply