アンティークコインの記憶している物語の本

西暦2世紀初頭の英国ロンドンのアンティークコインが記憶する物語。 アンティーク”コイン
ローマの金貨を満載したワゴンを率いてパレードが川を渡る。
2000年が経った後、イギリス人が「テムズ」と名付けた、まさにその川である。
ローマの兵士たちが川の上の木の橋に入る直前、誰か止めろと信号を送る。
その瞬間、足の真ん中が上聞こえるながら下にワインを満載した貨物船1隻が悠々と通り過ぎる。
不思議なことに、この橋は1894年に建てられたロンドンの観光名物「タワーブリッジ」とほぼ同じ地点にあった。

さらに船舶が通過できるように橋が上に開かれる構造までだったというのが、最近、英国の考古学者らの研究結果明らかになった。
著者は、「古代ローマ、ロンドンは商業目的のために建てられ、その核心地域が今日のイギリスの金融の中心地である「ロンドンシティ」
と一致するという事実も興味深い」と書いた。

この本は、まるでアメリカのドラマ「ローマ」を見ることのような錯覚を呼び起こす。
不倫を犯し魔術師に夫の死をお願いする人妻と結婚持参金を狙って富裕層の女性にアプローチする若い男性、
売春婦と一晩を過ごすギリシャ商人に至るまで、数千年前のローマの欲望と ??日常の生活生き生きと目の前に広がる。

著者は、前作である「古代ローマ人の24時間」のように、今回もファクション
で仮想の話を伝えながら、同時に具体的な考古学・歴史学の記録を行間に解放入れた。
特に本の中の人物は墓や古代文献に登場する実在の人物たちにローマ時代の文学作品を根拠にプロットを再構成して臨場感を高めた。

タイトルから分かるように、この本は、ローマを出発し、英国、フランス、ドイツ、エジプトなどローマ帝国の広範な属州を縫って、
当時生活ぶりを考証している。面白いのは、1万5000kmにも及ぶ長い旅の主体が人ではなく、コインであるという事実である。

イタリアに勝ったタイトルが「一枚のアンティークコインの帝国旅行記」である理由だ。

アッピア街道に象徴されるローマの優れた道路網を休むことなく行き来しながら、
2000年前「パックス・ロマーナ」を日グォトドン件相違はなく、ローマの貨幣であった。
米国が基軸通貨であるドルをベースに、グローバル資本主義をリードしている最近のと同様の理屈だ。
この本は、あちこちで、ローマの社会像が21世紀と大差がなかったことを強調している。

例えば、女性の社会的権利でローマは同時代の他の地域の追随を許された。
共和政末期から制定初期に達する女性は男性と同じように離婚する権利があった夫の干渉なしに財産を処分することができる。
ローマの詩人ユベントスビレスは風刺詩集で「まるで棒で迎え床に落ちた蛇のように女性は酒を飲んで座っている。
このような醜態に夫はうんざりしながら目をしかめながらも、怒りを削除うと努める」と書いた。
世界帝国を夢見たヒトラーやナポレオン、スターリンとは異なり、
ローマが数千年を耐えることができた底力は何だろうか。
著者は、ローマ人が権力と力の戦略を効率的かつ均衡感が保たたためだと分析する。
力があるとハーネスナイフを振り回すなかっただろう。
「武力は時間の経過とともに排出される一方、権力はよく使用する場合は迅速に強化され、コストも少なくする。
ローマ人は古代世界で最も強力な軍隊を保有したが、これを外科医のように、慎重に使用した。

鑑定書付きのアンティークコインが購入できるサイト

Leave a Reply